グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

ウマタック村

ウマタック村の写真3サイトマップ

ウマタック村について

ウマタック村は1521年に探検家マゼランが上陸(発見)したことで、世界にグアム島の存在が示されることになりました。この地は歴史的に見ても大変重要なところですが、1902年のグアム大地震で当時の建物は残念ながら殆ど倒壊してしまいました。

ウマタック村はマゼランが上陸した後、1668年頃にスペイン人の村落ができ、1680年頃には都としての機能を果たすようになりました。古都ウマタックはその後も、フィリピンとメキシコを結ぶ貿易の中継地として発展を続け、グアム最初の首都を築いていくことになります。

しかし、ウマタックは湾と山に挟まれ面積が狭いことから、島の中心地ハガニャに首都を移転することになった。そして徐々に衰退して昔の面影をそのまま残しながら現在の姿となっています。

ウマタック村の観光ポイント

■サン・ディオニシオ教会
1680年に建造された教会で、現在の教会は1769年に再建されたマンポステリア様式の石造りを改修したものです。白とベージュの優しい色の外観となっています。

■マゼラン上陸記念碑
世界一周航海中のポルトガルの探検家、マゼラン上陸を記念して建てられた高さ約4mの石碑は、1926年に建設されたもので、静かなウマタック湾の岸辺に建っています。マゼラン上陸について

■ウマタック湾(ビーチ)
黒い小石が広がるビーチ。波も静かで熱帯魚も沢山いるが、浜辺でのんびりランチや散歩向き。普段は波のない静かな湾ですが、海が荒れた時は大きな波が外洋から湾内に向かって打ち寄せてくるサーフィンスポットでもあります。

■ウマタック橋
ウマタックに首都が置かれていたスペイン統治時代をイメージして建てられたヨーロッパ調のアーチ状の橋です。ウマタック村を南北に走る2号線沿いにあり、ドライブ中の良いフォトスポットでもあります。

■ソレダッド砦
ソレダッド砦はスペイン統治時代、貿易船を海賊から守るために築かれた砦です。砲台や弾薬庫の跡などがあり、ここから眺めるウマタック集落や、穏やかな入江の眺めは素晴らしく、夕日の美しさは1.2を争うといわれ、景色の美しい公園として人気があります。

ウマタック村 info


大きな地図で見る

■場所   グアム南部、ウマタック地区、2号線沿い
■交通   タモンから車で約1時間
■営業   見学自由
■休日   特になし
■料金   特になし

ウマタック地区へ

南部の観光旅行情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう