グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

ソレダッド砦

ソレダッド砦1 サイトマップ

ソレダッド砦について

ソレダッド砦はグアム南部ウマタック村にある50m四方の白い石組みの塀に囲まれた砦です。このソレダッド砦は、ウマタック湾を一望できるように建てられており、ここから眺めるウマタック集落や、穏やかな入江の眺めは素晴らしく、夕日の美しさはグアム1.2を争うといわれています。

景色の美しい公園としても人気があるソレダッド砦は、小さな入り江を見下ろす小高い岬の先端にあります。砦にはスペイン統治時代の砲台や弾薬庫の跡などがあり、観光ポイントとして有名です。この砦は1802年に築かれたあと、米西戦争で米国領となって一度、荒廃となります。その後、修復復元された大砲には、スペイン海軍の紋章の金属板が打ち込んであり、昔はウマタック湾の入り口を守っていました。

ソレダッド砦は交易港として発展していたウマタック村や交易船を海賊から守るため築かれ活躍していました。ウマタック湾は1521年に探検家マゼランが上陸したポイントで、この湾はスペイン統治時代、南米のサンディエゴからフィリピンに至る太平洋上で唯一の中継地として多くの交易船が行き交い、ウマタック村は交易港としてグアムで最も栄えた町に繁栄していきました。

ソレダッド砦からの景色

ソレダッド砦2

ソレダッド砦から眺めるウマタック集落や、穏やかな入江の眺めは素晴らしく、夕日の美しさは1.2を争うといわれ、景色の美しい公園として人気があります。

ウマタック湾の集落には、1902年のグアム大地震において当時の建物は殆ど倒壊してしまったものの、スペイン統治時代に首都を勤めたウマタックには、サン・ディオニシオ教会を中心に砂浜に沿ってスペイン風の建物が並んでいます。

ソレダッド砦 その他 info


大きな地図で見る

■場所   グアム南部ウマタック地区
■交通   2号線沿い、タモンから車で約1時間
■営業   無休
■料金   無料

マゼランのウマタック上陸について

マゼラン一行が上陸したウマタック村はその後、フィリピンとメキシコを結ぶ貿易の中継地として発展していきました。村にはマゼラン上陸記念碑が建っており、発見日でもある3月6日に毎年、記念祭を行っています。

マゼランのグアム上陸について

ウマタック村

南部の観光旅行情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう