グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

横井ケーブ

タロフォフォの滝への入り口 サイトマップ

横井ケーブについて

横井ケーブは、太平洋戦争時代から約15年もの間、横井庄一さんが潜伏生活を送っていたとされる洞穴です。場所はグアム南部のタロフォフォ村の「タロフォフォの滝」から300mほど山道を約15分ほど歩くと「横井ケーブ」にたどり着きます。

横井ケーブに向かう山道の入り口には、小型のグアム歴史資料館がありグアム島でのチャモロ人が歩んできたジオラマが展示されています。ジオラマはスペイン統治時代や日本統治時代など、グアムがまだ植民地としてチャモロ人が鞭で叩かれ奴隷として虐げられる様子や、太平洋戦争時の横井庄一陸軍伍長の潜伏期間の様子なども再現されています。

横井ケーブを目指して密生した竹林の中を入っていくと、地面に穴があいたハシゴのようなものが見えてきます。この直径1mほどのハシゴは下っていけるようになっていて、中に入っていくと床に竹が敷かれた長さ3m、高さ1mほどの空間になっています。決して十分な広さとはいえない。高さ1mだと立ち上がるのも容易ではない。横井さんはこんな環境で15年も生活してきたのかと考えると驚かされる。

「横井ケーブ」はレプリカ ?!

本物の「横井ケーブ」はタロフォフォの滝から近い別の密林地帯にあるようですが、密林の奥深くにあり、とても観光ではたどり着ける場所ではないらしい。確かに15年も見つからないでいられたのだから簡単に行ける場所であるはずがない。

「タロフォフォの滝」の近くにあるこの「横井ケーブ」は、本物の「横井ケーブ」を再現したレプリカとして作られたものです。

本物の「横井ケーブ」の入り口は、レプリカよりさらに小さい直径50cm。密集した竹林の根元に竹で編んだ蓋で隠されていたという。中は2mほど掘り込んであり、竹で作った棚や物置、床は布団代わりに白く乾いた竹皮で敷き詰められていたという。

横井伍長の生命力は相当なものである。しかし横井さんは、なぜ28年もの間、グアムのジャングルで隠れ続けていたのだろうか??詳しくは↓
■横井庄一さんについて

横井ケーブ info


大きな地図で見る

横井ケーブは「タロフォフォの滝(タロフォフォ・フォールズ・リゾートパーク)」の敷地内にあります。

■場所  グアム南東部、タロフォフォ地区
■交通  タモン中心街から車で約50分、4号線沿い
■営業  9:00〜17:30
■電話  828-1151
■料金  大人$20、子供(4〜11歳)$7、3歳以下無料
■定休  なし

タロフォフォ村へ

南部の観光名所へ

「グアムへ行こう」 トップページへ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう