グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

フィッシュアイマリンパーク

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

フィッシュアイ・マリンパークについて

フィッシュアイ・マリンパークは、沖合300mに設置されている「海中展望塔」を中心に、各種マリンアクティビティやディナーショーなどが楽しめる複合マリン施設です。場所はタモン地区から約13km南西のピティ地区にあり、一帯の海域は海洋保護区になっていることもあって熱帯魚を始めとした多くの海洋生物が生息し、ダイビングポイントとしても人気のスポットとなっています。

沖合300mに建設された海中展望塔では、小さな子供からお年寄りまで、グアムの綺麗な海洋生物の観賞が楽しめるようになっています。また、シュノーケリングやイルカウォッチング、シーウォーカーなどの各種マリンアクティビティの体験や、夜に開催されるディナーショーでは迫力満点のアイランドショーを楽しむこともできます。

フィッシュアイ海中展望塔の写真1 フィッシュアイ海中展望塔の写真2 ピティエリアの海

ピティ湾海洋保護区 - フィッシュアイ・マリンパーク

フィッシュアイ・マリンパークのあるピティ湾は、グアムに5つある海洋保護区の1つとして大切に守られています。また海洋保護区と指定されていることから、禁漁区域となっているため、魚種も豊富でダイビングスポットとしても人気です。

この付近の海域は、サンゴ礁が著しく発達し鮮やかなラグーンが形成されています。また、水深の深いエリアには、地表に深い割れ目(クレバス)も見られるなど、海洋生物が好む変化に富んだ海底環境が広がっています。

さらにこの海域には、「ボムホール」と呼ばれる”すり鉢状”に深くくぼんだ窪地(くぼち)が、ラグーン内に多数形成されています。このボムホールは、海底洞穴が地震などのきっかけに、陥没し出来上がったとされています。フィッシュアイ・マリンパークの海底展望台は、この10mクラスのボムホールの中心に作られています。

海中展望台 - フィッシュアイ・マリンパーク

フィッシュアイ・マリンパークの海中展望台は、ピティ湾の岸辺から300mほど沖合に伸びた歩道橋の先にあります。円筒形の海中展望台は全高22mありピティ湾のボムホールに設置されています。

ラセン階段を降りると360度見渡せる海中パノラマが広がっています。水深は10mとなっており、海に潜らなくてもカラフルな熱帯魚を始めとした海洋生物を観賞することができます。

展望塔見学付きのシュノーケルツアーなどもあり、橋の下ではシュノーケルや、シーウォーカーを楽しんでいる姿や、1時間に1回、ダイバーの餌付けも実施されているので、ここでは多くの魚達と出会うことができ、魚達にとっても恰好のエサ場となっています。

魚種は、チョウチョウウオ、ハタ、クマノミ、スズメダイ、ベラ、ネズミフグ、オキフエダイ、オウムブダイ、カスミアジ、ムラサメモンガラ、ソウシハギ、ツノダシ、オニカマス、ヘラヤガラ、オキザヨリ、トガリエビス、など200種類以上となっています。

海中展望台 info


■入場料  大人$16  子供(6〜11才)$12  0〜5才 無料
■入場ファミリーパス  $40(4人まで)
■営業  8〜17時
■休日  無休

シアターレストラン - フィッシュアイ・マリンパーク

フィッシュアイマリンパークのシアターレストランは、ビジターセンター内にあります。ビジターセンターは、ビーチ対岸のクリフの麓にあり、オープンエアーのシアターレストランや、ベイサイドチャペル、BBQテラス、熱帯魚の赤ちゃんを集めた幼魚水族館などがあります。

熱帯植物に囲まれたシアターレストランは、夜になるとディナーショーも開催されシーフードバイキングとポリネシアンダンスショーを楽しむことができます。

シアターレストランでの「ポリネシアンディナーショー」の詳細は→フィッシュ・アイ・ポリネシアンディナーショー

フィッシュアイ・マリンパーク info

■場所   ピティ地区 マリンコープスDr,沿い アサン岬近く
■営業   8〜17時
■休日   年中無休
■電話   475-7777
■HP   フィッシュアイ マリンパーク

南西部の観光旅行情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう