グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

アプラ港

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

アプラ港について

ミクロネシア最大の商業港「アプラ港」は、自然の地形を活かした良港で、北側が商業港、南側にはアメリカ海軍の軍港となっています。軍港の周辺は一般の立ち寄りを禁止していますが、第七艦隊の修理工場やポラリス潜水艦の基地があるとされています。

グアムの「海の玄関口」でもある波が静かな湾内は、マリンスポーツやダイビングポイントとしても知られ、海中には日本の東海丸など4隻の沈没船が沈んでおり、熱帯魚の格好の住み家となっています。また、観光潜水艦やディナークルーズ船なども運航している海のレジャーポイントとして人気のスポットになっています。

アプラ港で開催されているツアーとダイビングポイント

■レジャー用の潜水艦で海底探索ツアー
アトランティス・サブマリン

■半潜水型の展望船で海中探索ツアー
(2009年1月16日(金)にツアーの営業が中止になりました)
ノーチラス

■ディナーショーも楽しめるサンセットクルーズ
マイクロネシアン・ドリーム

アプラ港のスキューバダイビング

南西部の観光旅行情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう