グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

紫外線と日焼け

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

紫外線と日焼けについて

緯度が低くなり赤道付近に近づくにつれて紫外線が強くなっていきます。同じ日本でも沖縄(緯度26)と東京(緯度35)を比べると1.5〜2倍ほど紫外線が強くなります。緯度が13度のグアムでは年間を通して紫外線が強いので、日焼け対策はきちんと行ったほうがいいでしょう。

また旅行中は日常生活よりも活動的になるので、特に日中の観光名所や各種遊びスポットに出かければ、日差しを浴びる機会が自然と多くなり、ビーチなど日陰が少ない場所では焼け過ぎの要因になってしまいます。

例えば快晴時の紫外線を100%とすると、日陰は約50%程の紫外線を遮断することになり、街中では建物や街路樹、ビーチではパラソルがその役目を果たします。また反射紫外線の影響もプラスされますので、肌に直接塗る日焼け止め用品なども効果を発揮します。反射紫外線はアスパルトで約10%。水面が近い砂浜では約25%ほど紫外線ダメージがプラスされます。(新雪は80%以上)

下記グラフはグアムの紫外線量と天候による紫外線%です。

各地の紫外線量と太陽光の遮断について

グアム、ホノルル、東京の紫外線量の比較と天気とUVインデックスの関係について

図1ではグアム(緯度13)は、東京(緯度35)に比べて紫外線が年間を通して強いことが分ります。また、同じ南国とされるハワイ・ホノルル(緯度23)でも同様の結果となりました。これは緯度の数値が紫外線量に関係していることを示しています。

■緯度が低い=赤道に近い ⇒太陽高度の高い緯度が赤道付近を通過する

「赤道」は春と秋の2回、太陽が真上に来ます。図1のグラフでは、グアムは一般的に真夏とされる8月よりも、春、秋シーズンの方が紫外線量が高い数値を示しています。また、赤道上は年間を通じて日射量が最も大きく、温暖で強い上昇気流も発生しています。この上昇気流により低気圧が発生し、赤道に近いグアムにも豊かな雨をもたらしてくれています。(時には台風となってしまう)

図2では、天気による太陽光の遮断について示しています。曇りでは約6割のUVダメージに留まり、雲が多くなるにつれて紫外線%が減少しています。このことから一般的に有効とされる人為的に太陽光を遮断させる日傘、帽子、パラソルなどは、快晴時は大きな効果を発揮します。但し反射紫外線の影響も考え、肌に直接塗る日焼け止め化粧品はきちんと行ったほうが良いでしょう。

参考:気象庁資料

グアムの気候へ戻る

グアムの基本情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー グアムの天気(Yahoo!情報)

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう