グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

服装 - グアムへ行こう

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

常夏アイランド「グアム」では、どのシーズンにいっても服装は夏服でOK。ただし晴れた日の、日差し対策と、盗難にはご注意を。パスポートなど貴重品はホテルのセーフティボックスを利用して持ち歩かないことが大切です。

グアムでの服装

グアムは、年間平均気温約26℃と熱帯性の気候で、冬でも30℃を超える常夏アイランドです。服装も一年を通して夏服でOK。但し、屋内は冷房が効きすぎているところが多いので、薄手の長袖など用意したほうがいいでしょう。また、ホテルの高級レストランやディナーショーなどは、軽めの正装が良いでしょう。

街中、観光地では短パン、Tシャツなどのカジュアルなスタイルを多く見かけます。湿気も少なく蒸し暑さもさほど感じないが、日中の日差しは強いので日焼け止めなど、日差し対策はきちんとしたほうがいい。赤道直下付近のグアムでは紫外線量が多いので、気がつかないうちに、あっという間に日焼けしていることもあります。特に小さなお子様は要注意。度が過ぎると日射病や熱射病の危険もあるので、屋外に出る前には、水分を摂らせたり帽子をかぶらせるなどケアが大切。

ビーチでの服装

ビーチではTシャツ、短パン、ビーチサンダルなど軽装でOK。但し荷物が置き去りになりやすいので、必要最低限の手荷物を心がけるようにして、貴重品などは持っていかないことが原則。パスポート、多額な現金などはホテルのセーフティボックスを利用して持ち歩かないほうがいいでしょう。

ショッピングでの服装

ショッピングでの服装についてもTシャツ、短パンなどの軽装でも、グアムは観光地なので大抵の場合は問題ありません。但し観光客を狙ったスリもいますので手荷物はフタがきちんとしまるショルダーバッグなどがオススメ。

レストランでの服装

ビーチ近くにあるレストランなど大抵のレストランは軽装でOK。但しホテルの高級レストランやディナーショーなどは、軽めの正装がベター。男性ならシャツに長ズボン。女性はワンピースなど。

観光での服装

Tシャツ、短パン、スニーカーなど動きやすい服装が基本。ただし晴れた日は、屋外の観光スポットをまわるだけで日焼けしてしまいますので、日差し対策はお忘れなく。

グアムは凶悪な犯罪は少なく、治安のいい国として世界でも知られています。しかし、まったく犯罪がないわけではありません。窃盗や性犯罪、また麻薬の売買など観光客を狙ったトラブルは決して珍しくはありません。貴重品、パスポート、多額な現金などはホテルのセーフティボックスを利用して持ち歩かないことが大切です。

グアムの気候

グアムの基本情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー グアムの天気(Yahoo!情報)

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう