グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

台風 - グアムへ行こう

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

グアムでは34m/secを超えると台風と呼ばれ明確な台風シーズンは定まっていません。

グアムの台風

グアムは熱帯低気圧が発生する地域です。グアムはスコールは多いものの、台風は頻繁に訪れることはありません。台風のベースでもある熱帯低気圧は全体が熱帯の暖かい空気で存在し、その直径は300km程度から2000km程度までと様々なことから、大きく成長してしまうと台風となり、運が悪いとグアム滞在の間ずっと雨が降り続いてしまうこともあります。

グアム近海は西太平洋にありほぼ赤道上に位置します。赤道の下エリアの南西太平洋では10月〜翌年5月が熱帯低気圧の発生シーズンとなり、北西太平洋では一年中発生します。そのことからグアムも乾季である4月に台風に遭遇することもあり、2002年には同じく乾季の12月に超大型の台風直撃を受けたことがあります。

熱帯低気圧は性質上、1年中発生しているので、台風の発生地域でもあるグアムは台風シーズンが明確にあるわけではありません。日本のように時期を予測できればいいのですが、グアムでは予測しにくいことから、7〜10月の降水量が多い期間はスコールと台風を意識し、次に10〜12月の雨季後半の期間、その他の期間については熱帯低気圧の機嫌しだいというのが現状です。

グアムで台風に遭遇したら

運悪く台風の進路上に遭遇してしまったら、まずホテルスタッフに台風の規模と上陸の予定時間を確認しましょう。台風はコンディションT〜Wという数字で上陸時間をTVニュースなどのメディアやホテルのロビーなどにも掲示されています。(グアムは常に”コンディションIV”で警戒しています。)

台風のコンディション・レベルと熱帯低気圧の分類

超大型台風が直撃することは、過去のグアムの統計を見ても可能性は低い。また各コンディションにはいろいろと規定がありますが、「コンディション I 」が発令されたらおとなしくホテルで台風が通過するのを待ちましょう。

2002年の大型台風「PONGSONA(ポンソナ)」クラスの台風は、最大風速 128ノット以上のスーパー・タイフーンというカテゴリに入ります。この時は「コンディション2」の発令で、多くのローカルは一週間分の食料の確保と、車のガソリンを満タンにして自宅待機をしていました。またアンダーソン空軍基地の戦闘機は、沖縄基地に避難していた。グアムでは、この台風について「今回は相当の大物」と、ニュースでさかんに報道しており、皆準備も対策も早めに整えていた。被害は多大であったが、その後、グアム州政府と民間が全島をあげての協力により、みごと完全復旧。またこの台風による死者は奇跡的に1人もいなかった。

日本で台風と呼ばれても、グアムではトロピカルストームというカテゴリに分類されることがよくあります。日本では最大風速が17m/secを超えれば台風と呼びますが、グアムでは34m/secを超えないと台風とは呼ばれません。

グアムの気候について

グアムの基本情報へ戻る

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムの魅力

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー グアムの天気(Yahoo!情報)

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう