グアム観光旅行のご案内 - グアムへ行こう サイト内容

喫煙と禁煙 - グアムへ行こう

「グアムへ行こう」TOPページへ サイトマップ

グアムでは、閉鎖された公共エリアでの喫煙は禁止となっています。所定の「喫煙スペース」でのタバコの喫煙が必要です。

グアムでの喫煙と禁煙

グアムでは、2006年6月9日よりナターシャ保護法(禁煙法)が正式に施行されました。禁煙法(ナターシャ保護法)では、公共の場所、ホテルの部屋、バー、レストランなど私住居以外の全建物内での喫煙が禁止され、喫煙した場合は、違反チケットが渡され、高等裁判所に届ける義務があります。

■喫煙による罰金額(個人の違反)
一回目の違反:100ドルまでの罰金
二回目の違反:200ドルまでの罰金
三回目またはそれ以上の違反:500ドルまでの罰金

ホテルについては近くの屋外などに喫煙場所を設けています。また、客室内は100%禁止ですが、バルコニーでの喫煙は大半OKです。詳しくは→グアム・ホテル内での「喫煙・禁煙」場所について

ナターシャ保護法について

ナターシャ保護法は、一般的に全ての公共の場での喫煙は禁止されます。喫煙者は喫煙が可能だと確認がとれた公共の場以外での喫煙ができません。

このナターシャ保護法は、レストランでの喫煙を全面的に禁止する「室内空気清浄法」の修正として2005年12月に成立し、2006年6月9日より実施されたもので、あらゆる公共の閉鎖されたエリアにおいてタバコの禁煙が義務付けられます。一番の大きな修正は、「レストランでの喫煙が全面的に禁止」されたことです。

ホテルやレストランにおいては、不明な場合は喫煙が認められているか否かを必ずその場所の業務管理者またはスタッフにご確認ください。また、確実に「喫煙可能」と確認がとれた場所以外では、公共の場以外では喫煙不可となりますので、不用意に喫煙しトラブルとなることのないよう十分にご注意ください。

グアムでタバコの喫煙が禁止されている場所

■エレベーター、公衆トイレ、バス、 タクシー、 飛行機、 水族館、美術館、図書館、博物館、スポーツアリーナ、コンベンションホールなどの閉鎖された公共エリア

■ヘルスケア施設(医療関係施設)

■レストラン/バー

■ホテル及びモーテルの閉鎖されたエリア及び客室

※レストランは全面禁煙ですが、風通しの良いオープンエアーのテラス席などは喫煙可能としているレストランもあります。

※一部、テラス・バルコニー等、喫煙可能な場所もあります。
※上記は主な喫煙禁止エリアとなります。上記以外にも喫煙禁止エリアはありますのでご注意下さい。

グアムでの喫煙場所

グアムでは、閉鎖された公共エリアでの喫煙は禁止となっていますが、大半の施設には外に「灰皿」がきちんと設けられているので、その場所で喫煙していれば誰から文句を言われることはありません。

ホテル内の「オープンエア」のプールサイド、レストランにおいても灰皿が用意されていれば喫煙できます。しかし、ホテルによっては「灰皿が用意されている場所」以外の場所では、例え「オープンエア」でも携帯灰皿などによる喫煙にはご注意ください。

注:プールサイドやオープンエアのレストランなどでの、むやみな喫煙にはご注意ください。ホテルでは近くの屋外などに喫煙場所を設けています。また、客室内は100%禁止ですが、バルコニーでの喫煙は大半OKです。詳しくは→グアム・ホテル内での「喫煙・禁煙」場所について

グアムの基本情報へ

「グアムへ行こう」 トップページ

■グアム 観光旅行情報

北部の観光名所 中部の観光名所 南西部の観光名所 南部の観光名所 グアムのツアー情報 注目アクティビティ グアムのビーチ ナイトスポット スパ・エステ・マッサージ グアムのホテル

■グアム 基本情報

基本情報 「気候・治安・・etc」 グアムの歴史 グアムのレンタカー グアムの天気(Yahoo!情報)

■スポンサード リンク

■運営情報 / その他

サイトマップ お問い合わせ 免責事項 リンク集
(C)グアムへ行こう